カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ブラジル セーハダス トレス バハス  200g
1,000円(内税) 〜 8,000円(内税)
各オプションの詳細情報
状態
量・価格
購入数

ブラジル セーハダス トレス バハス  200g
1,000円(内税) 〜 8,000円(内税)
この農園は Minas Gerais 州南部 Mantiqueira 山脈の高原地帯の Carmo de Minas に位置します。1000mから 1500mの標高に加え、高品質コーヒー栽培のための適度な気候、降水量に恵まれています。この農園の歴史は、18 世紀に Pereira 家の先祖がポルトガルからこの地に移民したことから始まります。最初にコーヒーが栽培されたのは 1866 年で、1904年に現在のオーナーの祖父 Gabriel Junqueira がこの農園の管理を始めました。品質に関する発展は1914年にこの地で最初のコーヒー精選機の操作が行なわれたことから始まりました。1922 年には、パティオとサイフォンタンクが作られています。パルピングマシーンや、農園で使う電気エネルギーを得るため、町で始めての水力発電さえも作られました。
1994 年にこの農園はさらに 2 つに分けられ、標高の高いほうの部分を現在の所有者であるJose Wagner Ribeiro Junqueira が所有しました。肥沃な土壌、適度な標高、光合成に必要な十分な太陽光線の量、適度な降水量はスペシャルティコーヒーの生産には理想的な環境です。これに JunqueiraFamily の生産者としてのプロ意識が融合して当地でも最高のコーヒーを生産しているのです。品種の選別、栽培方法、さらに、収穫、生産処理の研究に専念するにまで及んでいます。2002 年には、新型グリーンセパレーターや(サスペンデッドパティオ)の新設をして、明るくて風味豊かなカップを持つコーヒーを求めるために、たゆまぬ努力を続けています。当農園は BSCA, Gerais 州、Illy Café 等のコンペテションにも幾度も入賞しています。

農園主名:ジョゼ・ワグネル・ヒベイロ・ジュンケイラ 都市・地域:カルモ デ ミナス 標高:1,100〜1,450m 品種:イエローブルボン 精選方法:Natural

焙煎士Pontaメモ
苦味★★★☆☆ 酸味★☆☆☆☆ コク★★★☆☆ 香り★★★☆☆ ミルクとの相性★★★★☆ 口当たり★★★★☆ 甘み★★★★☆
程よい苦味と余韻に残る熟した果実感が心地よいコーヒーです。



100g → 1,000円
200g → 1,900円(100gあたり950円)※会員価格あり
300g → 2,850円(100gあたり950円)※会員価格あり
500g → 4,500円(100gあたり900円)
1圈 → 8,000円(100gあたり800円)
この商品を購入する