なぜコーヒー屋に?

私は昔からぼんやりと世界をまたにかけるような仕事がしたいと考えていました。

しかしいざ就職するとなると堅実な仕事を選び、気づけばさえない金融マンとして仕事に追われる日々を過ごしていました。

そんな日々を送る中で、家に帰って全国から取り寄せたコーヒーを淹れる時間は、唯一ほっとできる時間でした。

また当時住んでいた福岡には魅力的なコーヒー店がたくさんあり、私はどんどん黒い魔術にはまっていきました。

そして立ち寄った一軒の自家焙煎コーヒー店。

そこには丁寧に焙煎された世界各国のコーヒー豆が綺麗に並べられており、ひっきりなしにお客さんがそのコーヒー豆を買いに来ていました。

カウンターに座りペルー産のコーヒー頼んだ私は、そのお店の焙煎士であるマスターと少しお話しをさせていただきました。

当時すっかりコーヒーの魅力に取りつかれていた私は、コーヒー屋への転職を考えている旨を伝えました。

するとマスターは「焙煎士という仕事は華やかなように見えてとても地味な仕事ですよ。」と言いました。

そして「とてもおすすめできるような職業ではありませんよ。」とも。

そんな言葉とは裏腹に、店内はそのマスターが作り出したコーヒー豆を買いにきたお客さんで一杯でした。

天邪鬼な私にはそのマスターがとてもかっこ良く見えました。



そうして私は仕事を辞め、東京にある老舗のコーヒー屋で焙煎を始めることになったのでした。

 

TINY PONTA COFFEEの由来

TINY
あるロックバンドの歌詞にある「Mr.Tiny your dream is so big(おチビさん、君の夢はとても大きいんだね)」より。

PONTA
何かとゆかりのある愛称「ポンタ」より。

COFFE
as it is
 

TINY PONTA COFFEEが目指すコーヒー

「ほっとする一杯」

TINY PONTA COFFEEでは、

よりどりみどりのコーヒー豆からお気に入りの一杯を選んで購入していただく過程。

家に帰ってミルでコーヒーを挽き、一杯にカップに淹れる過程。

その一杯を最後の一滴まで飲み切るまでの過程。

そのすべての過程一つ一つを、より充実させていただきたいと考えております。

その思いから、コーヒーの味の8割を決めるともいわれる原料(コーヒー生豆)の選定と焙煎に力を入れており、世界中の生産地から選び抜いた銘柄を老舗の技術で丁寧に焙煎しております。

さらに抽出器具にはコーヒー豆のポテンシャルをより引き出すことができるであろう「KONO」製のものを取り揃えております。



※TINY PONTA COFFEは、HPを中心にイベントなどで活動しており実店舗はありません。